天赦日で寅の日に合同会社を設立する

世間では、会社を設立するなら、新元号の「令和」になってからとか、令和元年の5月1日に設立したいとか(5月1日は法務局が休みのため設立申請ができないので設立することは不可能です)、言われている中で…

 

本日、平成31年4月11日は、平成最後の開運の日、具体的には「天赦日」と「寅の日」が偶然重なる、最強の日で、「大安吉日」よりも良い日らしい。

 

そのため、この日を会社設立日にしたいというご要望をいただき、先ほど、すべて設立登記の申請を済ませました(ちなみに、申請をした日が会社の設立日となります)。

 

うち1件は、書類が一部揃わず、どうなることやらと肝を冷やしましたが、無事に午前中の郵便で受け取ることができ手続きもすすめることができました。

 

「平成」の残すところ、あとわずかです。

 

中には、平成最後の日(平成31年4月30日)に会社を設立したいという方もいらっしゃるようですが、前述のとおり、会社の設立日は登記を申請した日、その日は法務局が休みのため、設立することは不可能です。

 

実質、平成最後に設立するとすれば、4月26日ということになります。

 

→ 合同会社設立手続きについてはこちら

 

→ 合同会社設立費用、司法書士報酬についてはこちら

 

 

 

 

司法書士の西尾努です。昭和42年4月1日生まれ、血液はO型です。

 

西尾努司法書士事務所

〒164-0003

東京都中野区東中野4-6-7

東中野パレスマンション610

定休:土日

ただし、ご予約いただければ深夜、土日祝日対応いたします。

 

電話

03-5876-8291

090-3956-5816(ソフトバンク)

 

メール

sihoshosi25@yahoo.co.jp

 

合同会社設立

 

「合同会社・有限責任事業組合の設立と運営手続き実践書式50」という書籍を監修させていただきました。