ぞろ目だが仏滅に会社設立?

2月2日、2月22日など、同じ数字が並ぶ(ぞろ目)日に会社を設立しようと考える方は少なくありません。

 

ちなみに、法務局に会社の設立登記の申請をした日が設立日となりますので、その日が法務局のお休みの場合には設立することはできません。

代表的なのは、1月1日の元旦。

過去も、(大きな変化がない限り)これから先もずっとこの日を設立日にすることはできません。

 

ところで、今月最初のぞろ目の日、3月3日。

3月3日は、「3」が並ぶぞろ目で、しかも、桃の節句、ひな祭り。

この日を設立日に、と選ぶ方が多いかと思いきや、実は翌日の3月4日を選ぶ方がほとんどでした。

そのわけは…3月3日が仏滅で、4日が大安だったから。

 

→ 仏滅、大安についてはこちらを参照してください。

 

 

起業される方の間では、ぞろ目よりも大安のほうを好まれる傾向があるようです。

 

 

 

司法書士の西尾努です。昭和42年4月1日生まれ、血液はO型です。

 

西尾努司法書士事務所

〒164-0003

東京都中野区東中野4-6-7

東中野パレスマンション610

定休:土日

ただし、ご予約いただければ深夜、土日祝日対応いたします。

 

電話

03-5876-8291

090-3956-5816(ソフトバンク)

 

メール

sihoshosi25@yahoo.co.jp

 

合同会社設立

 

「合同会社・有限責任事業組合の設立と運営手続き実践書式50」という書籍を監修させていただきました。