合同会社設立登記に必要な書類

合同会社を設立するためには、次のような書類が必要になります。

 

*登記手続きのご依頼をいただく場合には、

「資本金を払い込んだ口座の通帳のコピー」

「代表社員の個人の印鑑証明書」

をご用意ください。他の書類は当事務所で作成いたします。

 

1.定款
 当事務所では、電子定款方式を採用しております。

(電子定款にすることで、収入印紙代4万円のコストが削減できます)

→ 合同会社の定款について 

 

2.代表社員の就任承諾書

 

3.資本金の払い込み証明書

資本金を払い込んだ預金口座の通帳のコピーを提出します。

お客さまには、通帳の表紙、1ページ目(口座番号、氏名等が記載されているページ)、定款作成日以降の入金が記帳されたページの3種類をご用意いただきます。

なお、このために新しく口座を開設する必要はありません(また、会社の口座は設立前のため、開設することはできません)。

 

ネットバンキングでも、銀行名、支店名、口座番号、口座名義人、払い込んだ資本金の払込金額、払い込み日等が記載されているものをご用意いただきます。

 

4.司法書士への委任状

 

5.印鑑届書

法務局に法人の印鑑を届け出るために必要になります。
これには代表社員の個人の実印を押印します。 

 

6.代表社員の印鑑証明書

発行後3ヶ月以内の個人の印鑑証明書が1通必要です。 

 

7.印鑑カード交付申請書

登記完了後、印鑑カードの取得も代行いたします。

司法書士の西尾努です。昭和42年4月1日生まれ、血液はO型です。

 

西尾努司法書士事務所

〒164-0003

東京都中野区東中野4-6-7

東中野パレスマンション610

定休:土日

ただし、ご予約いただければ深夜、土日祝日対応いたします。

 

電話

03-5876-8291

090-3956-5816(ソフトバンク)

 

メール

sihoshosi25@yahoo.co.jp

 

合同会社設立

 

「合同会社・有限責任事業組合の設立と運営手続き実践書式50」という書籍を監修させていただきました。