合同会社の社員、業務執行社員、代表社員について

合同会社は、出資した人が会社の業務を執行(経営)するのが原則とされています。

この出資した人のことを「社員」と呼びます(日常的に使う「社員」は、ここでは「従業員」と呼んで区別します)。

 

逆にいうと、出資していない人(社員ではない人)は、経営に参加することはできません。

 

原則は社員全員が経営に参加することになっていますが、定款に規定を設けるによって、出資だけして経営に参加しない者を決めることができます。

この場合の、経営に参加する人を「業務執行社員」と呼んでいます。

株式会社の取締役に当たります。

一方、経営に参加しない人は単なる「社員」であり、株式会社の「株主」に当たります。

 

また、業務執行社員の中から会社を代表する者(代表社員)を選ぶことができ、代表社員は1名でも複数でも選定することができます。

代表社員は株式会社の代表取締役に当たります。

 

 

 

 

司法書士の西尾努です。昭和42年4月1日生まれ、血液はO型です。

 

西尾努司法書士事務所

〒164-0003

東京都中野区東中野4-6-7

東中野パレスマンション610

定休:土日

ただし、ご予約いただければ深夜、土日祝日対応いたします。

 

電話

03-5876-8291

090-3956-5816(ソフトバンク)

 

メール

sihoshosi25@yahoo.co.jp

 

合同会社設立

 

「合同会社・有限責任事業組合の設立と運営手続き実践書式50」という書籍を監修させていただきました。