2017年

5月

13日

合同会社設立の打ち合わせのため、くぬぎ山へ

知り合いの税理士さんから、「合同会社を設立したい」という顧問先をご紹介いただきました。

場所は松戸市ということで、単純に松戸駅周辺だと思っていたら…行き方を調べてみると、JRを3回乗り換えて、さらに松戸駅で新京成線に乗り換えて、「くぬぎ山」という駅が近いということがわかりました。

 

ですが…駅からお客さまのお宅に行く方法が見つからない…歩いてもかなりかかるし、タクシーは予約しないとつかまりそうもなさそうだし…と思っていると、お客さまから、当日駅まで車で迎えに来てくださるというありがたい申し出があり、助かりました。

「くぬぎ山駅」は、1日の乗者人数は3,500人程度の小さな駅。

車で移動しながら、この辺りは梨が名産で、陸上自衛隊の松戸駐屯地があるという話を聞きながらお客さまのお宅へ向かいました。

 

打ち合わせでは、税理士さんから会社を設立したほうがよいというアドバイスを受けて設立することになったという経緯を伺い、合同会社がいいのか、株式会社がいいのか、設立する場合に決定しなければならない事項、用意しなければならない書類・物、登記に関する費用等をご説明しました。

 

設立日は、6月2日(1日としないことで税金が若干安くなります)に決定し、これから準備にとりかかります。

 

 

0 コメント

2016年

11月

16日

定款認証のため、公証役場へ行ってきました

今日は、会社設立登記の準備のため、電子定款の認証手続きを受けに地元中野区にある公証役場に行ってきました。

 

といっても、合同会社の設立ではありません。

株式会社の設立の準備です。

 

この定款認証手続きには、手数料として約5万2千円程度かかります。

合同会社の設立に際しては、株式会社のように公証役場で公証人の認証を受けなくてもよいため、この費用がかからないのです。

株式会社よりも合同会社のほうが設立コストが低い理由の1つとなっています。

(ほかの理由は、登録免許税が株式会社と比較して9万円安いということがあります)

 

それだけ費用をかけてでも株式会社を設立する理由を依頼者に聞いてみました。

合同会社にせず、株式会社を選んだのは、「一般のユーザーをお客さんにする商売を始めるから」とのことでした。

 

合同会社の件数は年々増えているといっても、まだまだ一般の方の認知度は高くありません。

聞いたことも無いという方もいたり、中には数社が集まって合同で事業をしているようなイメージをもたれたり、と信用度の面では株式会社にはかないません。

だから高くても株式会社にしたというお話でした。

 

逆に解釈すれば、一般のユーザーとの取引が無く、取引先が固定しているケースや、とりあえず取引の条件として法人でなければならないといったケースでは、あえて株式会社にする必要は無いといえます。

 

 

 

0 コメント

2016年

10月

14日

合同会社設立…登記手続きがなかなか完了しない

10月4日に千葉県内に本店を置く合同会社の設立登記を申請しました。

 

が、14日の本日、まだ登記が完了していません…

 

完了予定日については、法務局がホームページで公開しています。

千葉県内なら 

http://houmukyoku.moj.go.jp/chiba/static/kanryoyoteibi.htm#RANGE!A21

 

4日に申請した登記の完了予定日は、14日…ではありません。

 

ホームページ下の説明にあるとおり、4日に申請しても、オンライン申請の場合(今回はオンライン申請です)、「添付書類が登記所に配達された日を申請日とみなして、登記完了予定日を確認」しなければなりません。

 

今回の申請の添付書類が登記所(法務局)に配達されたのは、郵便局の追跡サービスで調べると、5日。

 

ということは、5日に申請したとみなされるので、完了予定日は、17日の月曜日…

 

時間がかかりすぎです…

 

ちなみに、登記完了予定日を調べる際の「みなされる」申請日と実際の申請日は異なり、実際の申請日が会社の設立日となりますのでご注意を。

 

 

 

 

0 コメント

2016年

10月

13日

新潟県内で合同会社を設立する

新潟県内に本店を置く合同会社の設立登記のご依頼をいただきました。

 

代表社員となる方は関東にお住まいのため、都内でお会いして打ち合わせをすすめ、今月上旬に登記を申請し、昨日、無事に登記が完了しました。

 

会社の設立日は、その設立登記を申請した日になりますので、設立日の希望がある場合には、いつ申請するのかが重要になります。

 

昔と違い、今はインターネットを利用したオンライン申請が可能となったため、登記の申請のために司法書士がその法務局に出向く必要はなくなりました。

 

そのため、距離の問題はなくなり、また、同日に東京、新潟、北海道や沖縄で会社を設立する登記の申請をすることもできます。

 

先日は、兵庫県で設立する会社のご相談をいただいたのですが、ご依頼につながるのかどうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

7月

07日

七夕の日に合同会社設立

本日、7月7日は、7が揃うぞろ目の日で、しかも「七夕」。

ぞろ目の日の会社設立の依頼も多いのですが…今日の設立依頼が多いのは、七夕だからということでしょうか。

 

設立登記を申請した日が会社の設立日となるため、今、申請の準備をすすめているところです。

今は、パソコンがあり、ネット環境が整っていれば、どこからでも「オンライン申請」ができるので便利というか、大変助かっています。

ひと昔前は、法務局に書類を持参しなければならず、1日に回れる限界がありましたから。

 

ちなみに、次回のぞろ目の日は、8月8日。

月曜日ですから会社の設立は可能です(土日祝日の法務局が休みの日は申請できないので、会社の設立も不可能です)。

 

 

0 コメント

2017年

5月

13日

合同会社設立の打ち合わせのため、くぬぎ山へ

知り合いの税理士さんから、「合同会社を設立したい」という顧問先をご紹介いただきました。

場所は松戸市ということで、単純に松戸駅周辺だと思っていたら…行き方を調べてみると、JRを3回乗り換えて、さらに松戸駅で新京成線に乗り換えて、「くぬぎ山」という駅が近いということがわかりました。

 

ですが…駅からお客さまのお宅に行く方法が見つからない…歩いてもかなりかかるし、タクシーは予約しないとつかまりそうもなさそうだし…と思っていると、お客さまから、当日駅まで車で迎えに来てくださるというありがたい申し出があり、助かりました。

「くぬぎ山駅」は、1日の乗者人数は3,500人程度の小さな駅。

車で移動しながら、この辺りは梨が名産で、陸上自衛隊の松戸駐屯地があるという話を聞きながらお客さまのお宅へ向かいました。

 

打ち合わせでは、税理士さんから会社を設立したほうがよいというアドバイスを受けて設立することになったという経緯を伺い、合同会社がいいのか、株式会社がいいのか、設立する場合に決定しなければならない事項、用意しなければならない書類・物、登記に関する費用等をご説明しました。

 

設立日は、6月2日(1日としないことで税金が若干安くなります)に決定し、これから準備にとりかかります。

 

 

0 コメント

2016年

11月

16日

定款認証のため、公証役場へ行ってきました

今日は、会社設立登記の準備のため、電子定款の認証手続きを受けに地元中野区にある公証役場に行ってきました。

 

といっても、合同会社の設立ではありません。

株式会社の設立の準備です。

 

この定款認証手続きには、手数料として約5万2千円程度かかります。

合同会社の設立に際しては、株式会社のように公証役場で公証人の認証を受けなくてもよいため、この費用がかからないのです。

株式会社よりも合同会社のほうが設立コストが低い理由の1つとなっています。

(ほかの理由は、登録免許税が株式会社と比較して9万円安いということがあります)

 

それだけ費用をかけてでも株式会社を設立する理由を依頼者に聞いてみました。

合同会社にせず、株式会社を選んだのは、「一般のユーザーをお客さんにする商売を始めるから」とのことでした。

 

合同会社の件数は年々増えているといっても、まだまだ一般の方の認知度は高くありません。

聞いたことも無いという方もいたり、中には数社が集まって合同で事業をしているようなイメージをもたれたり、と信用度の面では株式会社にはかないません。

だから高くても株式会社にしたというお話でした。

 

逆に解釈すれば、一般のユーザーとの取引が無く、取引先が固定しているケースや、とりあえず取引の条件として法人でなければならないといったケースでは、あえて株式会社にする必要は無いといえます。

 

 

 

0 コメント

2016年

10月

14日

合同会社設立…登記手続きがなかなか完了しない

10月4日に千葉県内に本店を置く合同会社の設立登記を申請しました。

 

が、14日の本日、まだ登記が完了していません…

 

完了予定日については、法務局がホームページで公開しています。

千葉県内なら 

http://houmukyoku.moj.go.jp/chiba/static/kanryoyoteibi.htm#RANGE!A21

 

4日に申請した登記の完了予定日は、14日…ではありません。

 

ホームページ下の説明にあるとおり、4日に申請しても、オンライン申請の場合(今回はオンライン申請です)、「添付書類が登記所に配達された日を申請日とみなして、登記完了予定日を確認」しなければなりません。

 

今回の申請の添付書類が登記所(法務局)に配達されたのは、郵便局の追跡サービスで調べると、5日。

 

ということは、5日に申請したとみなされるので、完了予定日は、17日の月曜日…

 

時間がかかりすぎです…

 

ちなみに、登記完了予定日を調べる際の「みなされる」申請日と実際の申請日は異なり、実際の申請日が会社の設立日となりますのでご注意を。

 

 

 

 

0 コメント

2016年

10月

13日

新潟県内で合同会社を設立する

新潟県内に本店を置く合同会社の設立登記のご依頼をいただきました。

 

代表社員となる方は関東にお住まいのため、都内でお会いして打ち合わせをすすめ、今月上旬に登記を申請し、昨日、無事に登記が完了しました。

 

会社の設立日は、その設立登記を申請した日になりますので、設立日の希望がある場合には、いつ申請するのかが重要になります。

 

昔と違い、今はインターネットを利用したオンライン申請が可能となったため、登記の申請のために司法書士がその法務局に出向く必要はなくなりました。

 

そのため、距離の問題はなくなり、また、同日に東京、新潟、北海道や沖縄で会社を設立する登記の申請をすることもできます。

 

先日は、兵庫県で設立する会社のご相談をいただいたのですが、ご依頼につながるのかどうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

7月

07日

七夕の日に合同会社設立

本日、7月7日は、7が揃うぞろ目の日で、しかも「七夕」。

ぞろ目の日の会社設立の依頼も多いのですが…今日の設立依頼が多いのは、七夕だからということでしょうか。

 

設立登記を申請した日が会社の設立日となるため、今、申請の準備をすすめているところです。

今は、パソコンがあり、ネット環境が整っていれば、どこからでも「オンライン申請」ができるので便利というか、大変助かっています。

ひと昔前は、法務局に書類を持参しなければならず、1日に回れる限界がありましたから。

 

ちなみに、次回のぞろ目の日は、8月8日。

月曜日ですから会社の設立は可能です(土日祝日の法務局が休みの日は申請できないので、会社の設立も不可能です)。

 

 

0 コメント

司法書士の西尾努です。昭和42年4月1日生まれ、血液はO型です。

 

西尾努司法書士事務所

〒164-0003

東京都中野区東中野4-6-7

東中野パレスマンション610

定休:土日

ただし、ご予約いただければ深夜、土日祝日対応いたします。

 

電話

03-5876-8291

090-3956-5816(ソフトバンク)

 

メール

sihoshosi25@yahoo.co.jp

 

合同会社設立

 

「合同会社・有限責任事業組合の設立と運営手続き実践書式50」という書籍を監修させていただきました。